「時間はみんな平等。 悩むより頭皮ケアを 実践する方が良い!」

「時間はみんな平等。 悩むより頭皮ケアを 実践する方が良い!」

マイナチュレをご愛用のお客様に直接お話を伺いました。
他の方の経験が、あなたの成功体験に繋がるヒントになれば幸いです。

プロフィール
ご愛用品:育毛剤 ご愛用歴:3年4ヵ月
高桑 りずみ様 (50代)
「お手入れは積み重ねが大事」という高桑様。
「20代でやったことが30代に、30代でやったことが40代に。そんなケアの積み重ねが今とか、未来の髪、そして自分を作っていく」という考えに、スタッフ一同共感です。

「育毛剤は男性のもの」と使うまでは思っていました

「お手入れは積み重ねが大事」というのが基本的な考えにあると伺いました。

高桑様 悩みがあまりない20代の頃ってやっぱりそこまで気を使わないというか、ケアが大切だというマインドが少ないとは思うんですけど、その年代で頭皮に良いと言われるノンシリコンなどを使ったことがあったので、「積み重ねが大事」という考えに繋がっているのかなと思います。

頭皮に優しいシャンプーがあるというのを知るだけでも違いますね。

高桑様 当時のノンシリコンは結構きしむんです。でも頭皮に良いものを使った結果がきしみとなる。それを頭皮に優しいトリートメントで補う。そういう流れがあると思うんです。

そういった流れのなかで自然に育毛剤も使うようになったのでしょうか?

高桑様 それが育毛剤はちょっと違っていて。育毛剤は新聞とかに広告がよく出ていたので、私よりも年上の、それも男性が使うものだと思っていたんです。

なるほど。商品名もデザイン的にも女性が手に取りづらいものが多かったです。

高桑様 ですよね。ただ、マイナチュレのサイトを見た時にそんなイメージがなくなりました。パッケージも商品名もかわいらしくて。

気になるところだけでなく全体を満遍なくケアする

育毛剤を使おうと思われたのは、何かきっかけがあったのでしょうか?

高桑様 やっぱり抜け毛です。一時期たくさん抜けていたんです。頭皮ケアの積み重ねってシャンプーとトリートメントしかしてなくて、髪を育てるっていう意識のお手入れはしてなかったですから。

抜け毛はいかがですか?

高桑様 ごそっと抜けていたのが少なくなったので、予防に役立っているという実感はありますよ。マイナチュレは「気になるところだけ集中的にやれ」って言わないでしょ。頭皮全体に満遍なく塗布して、全体の血流をアップさせるために満遍なくマッサージ。そういうのが大切だと思います。

血流を良くするためには欠かせないことです。

高桑様 そうですね。人は一日一日老化していきます。私も忙しくしていますから時間がないんです。でも一日の時間はみんな平等。悩んでいる時間をいかに少なくして、実のあるものにしていくか。状況はみんな違うかもしれませんが、だからこそ悩むより実践あるのみだと思うんです。今のケアがこれからの自分を作るのですから、考えるよりも踏み出してお手入れの時間を充実させた方が良くないですか? 少なくとも私は、マイナチュレでのケアを続けていくつもりです。

高桑 りずみ様の実感のお声はこちら

マイナチュレ会報誌お届け中

マイナチュレ会報誌

マイナチュレ会員様限定で、頭皮・スカルプケアの情報を会報誌の形でお届けしております。
本記事は会報誌から一部抜粋をしてお届けしています。


前の記事へ

「やっぱりこういう体のことは コツコツ続けていかないと...